個性を開花させないこの社会に終止符を。

ちょっと変わった高校生、☆よぴ☆の日常ブログです。

私の活動の目的について。

ご覧頂きありがとうございます。

☆よぴ☆です。

 

最初に簡単に自己紹介を。

大阪府在住(男性)

17歳の通信高校生

・宅地建物取引士試験合格

CBR250R乗ってます

・そこらへんのコンビニ店員

・目標は司法書士になり、不動産屋兼司法書士事務所として独立開業すること。

 

こんな感じです。

 

ご覧の通り、「普通の高校生」ではありません。

 

しかし私は元々は普通の高校生でした。全日制私立高校(自称進学校ですが)に通っていました。

病気で通うことが困難になり、通信制に転校しただけです。

詳しくはこちらの記事で

17歳高校生のちょっと変わった自己紹介と現在の高校について。 - 個性を開花させないこの社会に終止符を。

 

その通信制に転校するというのは、

やはり周りの反対、そして自分自身との葛藤がありました。

最後に転校すると決断した時は、

「人と違う生き方でも、成功すれば何ら問題ないじゃないか」

と考えました。

 

現に人とは違う生き方をしています。

そして通信制転校してからの方が楽しく、そして自分というものを表現できている気がします。

 

人生は一度きりです。

周りとは違う生き方をしてもおもしろいじゃないか。

その時の病気で私は気づいたのです。

 

 

私は17歳で宅建試験に合格しました。

合格率は15%程度。

最難関とは言いませんが、それなりに難関資格です。

10年挑戦しても受からない人だっています。

それを1発で合格しました。

これって凄いですよね?

普通に考えて凄いことですよね?

私はそう思っています。

「自意識過剰」ではありません。

自画自賛」ではありません。

(まぁ自画自賛ですけどね。笑)

 

「自分に自信を持っている」んです。

 

通信制に転校したのが20181月。

宅建試験の受験日が20181021日。

(私の誕生日も1021日。笑)

 

そうです。転校してから10ヶ月で合格しました。

そしてこうやって、自分はどういう人間かを自信もって話すことができています。

 

果たして世の中の全日制の普通の高校生がこれをできるのでしょうか?

「夢を持っていて」

「自分に自信を持っていて」

「自分なりの価値観がある」

 

こんな高校生はそうそう居てないと思います。

 

 

さて、最初にお話しました。

私は「通信高校生」です。

 

どうでしょう?

通信高校生というと基本的に悪いイメージしかないですよね。

 

私はこのイメージを、

通信制は夢がある」

通信制だからこそできることがある」

通信制はまた違っておもしろい」

通信制、いいじゃない!」

 

こうやって良いイメージに変えていきたいと思っております。

 

私のような無名の人間がこんなこと言っても意味ありません。社会の1ミリも変わりません。きっと。

 

だからこそ私は活動用の名刺を作り、1人でも多くの人に理解していただき、通信制の悪いイメージを少しづつでも良くしていこうと思っています。

 

私の子供世代が高校生になる時。

その時には

通信制と全日制どっちにする?」

そんな話が友達同士の会話で出るようなぐらいになればと思っています。

 

通信制は良いところなんです。

通信制に転校してなければ、自分の個性を生かせてませんでした。

 

この社会は個性を開花させる機会を設けていません。

 

ここまで読んでくださった方。

今日から通信制は悪いという固定概念を変えてください。

 

質問などありましたらコメントorTwitterまでお願いします。

☆よぴ☆ (@yopikun_1021) | Twitter

 

 

個性を開花させないこの社会に終止符を。

☆よぴ☆